広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探偵のいじめ解決法 1

 皆さんが新聞やTVなどのマスメディアで深刻ないじめ問題のニュースを目にする事も多いでしょう。

 いじめを苦にした自殺が多発した事を受け、昨年暮れには文部科学大臣が「文部科学大臣からのお願い」という形で国民に対する語り掛けを行い、続いて安部首相も「いじめ問題への緊急提言」を発表しました。

 この緊急提言では、いじめを見過ごした担任教師やいじめを行った児童に対する懲罰措置が含まれています。


 このように、教育の側からのアプローチが進んでいますが、親側からのいじめ対策の一つとして探偵いじめ解決のお手伝いをさせて頂く事があります。


小学校三年生の息子がこの頃ふさぎこむようになった。
 朝も学校へ行きたがらない。
 息子に原因を聞いても何も言わないが、もしかして学校でいじめにあってい るのでは?


という不安を抱いてその依頼者は当社を訪れました。

 そこで当社はまず、登下校時の状況を直接追尾にて終始確認し、そこで特段変わった様子がなかった場合には、第二段階として、学校内での様子を確認する事にしました。
※このように、二段階に分けて調査を行うのは、無駄な調査を省き、調査料金を低く抑える為です。


 実際に調査を開始したところ、朝、家を出た息子さんは友人宅へ友達を迎えに行き、その後も同様に人数を増やしながら学校へ登校しました。

 この間、友人たちとの会話でも笑顔が見られ、何も不審な点は感じられませんでした。

 そこで、一旦調査を中断し、夕方から調査を再開しました。

 最後の授業が終わってから数十分が経過したところで登校時とは別の友人4名と共に息子さんが小学校から出て来ました。

 どういった理由かは分かりませんが、一緒に登校していた友人とは別の子供たちです。

 クラスが違うのだろうかなどと考えを巡らせながら調査員は追尾を始めました。

 ところが、荷物を持たされたり、暴力を振るわれたりするような様子も見られないのに息子さんの表情がやけに暗いのです。

 言葉も余り発していないようです。

 調査員は距離を詰めて子供たちの会話に耳を澄まし、その内容を録音することにしました。

 そこで聞こえてきたのは、そんな直接的な暴言などではありませんでした。

 軽い皮肉程度のものです。

 例えば、話の最後のオチに息子さんを引き合いにだすようなものでした。



・・・次回に続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fortunejapan.blog74.fc2.com/tb.php/49-55b9153a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。