広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚マメ知識7

 前回までの日記で、不貞行為に対する慰謝料請求はどこの裁判所で行われるかについてお話しましたね。

被告の居住地若しくは不法行為地の管轄裁判所で裁判が行われる事から、前回の出した実例では浮気相手の女性を訴えた、原告である妻が他県へ引っ越していた為、不利な状況にありました。

今回は、前回お話したケースと逆の立場でのお話をします。

遠隔地に住む相手に対して慰謝料請求を行った事例をご紹介しましょう。

ex.3)

依頼者であるA子さんは夫B氏が余りにも頻繁に(最低でも月に1回)東京出張に出かけるので不審に思って弊社へ調査を依頼されました。
結果として、ご主人は東京で女性と落ち合い、不貞行為に及んでいました。そして、2人がビジネスホテルへチェックインする様子から部屋への入室、そして翌日客室を後にする2人の姿、チェックアウト手続きは勿論、2人が落ち合ってから別れるまでの全ての行動を撮影いたしました。
B氏の不貞の証拠を得たA子さんはT弁護士へ依頼し、B氏の不貞相手であるN子へ200万円を請求しました。
すると、N子からT弁護士へ「30万円くらいなら払えるが、それ以上は無理です。」と直接電話がありました。
以後はN子も弁護士に相談しながら、T弁護士との話合いを進め、金額が80万円まで積みあがったところで話合いが膠着しました。
そこでA子さんはT弁護士と相談し、訴訟へ踏み切る事を決意しました。
そして、B氏とN子の親密ぶりからN子が広島へ来て宿泊を共にしていた事も間違いない事を逆手に取って不法行為地を広島と決め、広島の裁判所にて訴訟を起こす旨の最終通告書をT弁護士がN子へ郵送しました。

N子はこれまで自分側の弁護士に正式な依頼をせずにその都度相談料を払ってA子さんやT弁護士に対応していたようで、正式な弁護士費用(着手金30万円プラス成功報酬)や広島までの弁護士日当・交通費などを計算すると大変な金額になる事が訴訟を目の前にしてやっと理解できたのでしょう。

結局N子の方から130万円を提示して来ました。

それから更なる話合いを重ねて最終的に10万円が上積みされ、140万円の慰謝料を支払う事で裁判を回避し、話し合い(協議)にて決着しました。


遠隔地での裁判は経費がかかる為に相手方の負担が重くなり、その影響で交渉が容易になりやすい傾向がみられます。
何度も言いますが、裁判で争う事を予見してそれに対処する事は本当に大切なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fortunejapan.blog74.fc2.com/tb.php/41-68ca1597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。