広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証拠は最大の武器

 これまで調査方法についてのお話をしてきましたが、今回は実際に行った調査の実例を紹介しましょう。
 
 奥様の様子がおかしいとのご主人様からの相談で、奥様の行動調査を行った実例です。

 調査開始から数日間は目立った動きもなく、奥様は一般的な主婦の日常と思える日々を送っていました。
 しかし、調査開始から4日後、奥様は昼間に一人車で家を出ると道中で男性を車に乗せてラブホテルに入ったのです。
 その後、男性の身元を調べたところ、その男性は営業マンで妻子もいる身の上の、いわゆるダブル不倫であることが判明しました。
 その後も2人は数日おきに、真昼間からラブホテルでの逢瀬を重ねました。

 依頼者に調査結果を報告したところ、奥様との離婚不倫相手の男性に対して、損害賠償訴訟を起こすことなく、穏便に問題を解決したいとのことでしたので、その男性と話し合いの場を持つことにしました。
 その結果、不倫の動かぬ証拠を突きつけられた男性は、すんなり奥様との別れを選択しました。
 ところがそれから数週間たった後、依頼者から未だにどうも奥様の行動が怪しいとの連絡を受けました。
 そこで再調査を行ったところ、なんと2人は以前と変わらぬ交際を続けていたのです。
 このため再度その男性と話し合うと、前回の話し合いで決めたことに関して、その男性は一転して「そんなことは言っていない」と言い出したのです。
 そうなればこちらもプロ。あらゆる証拠を盾に、その男性に対して訴訟を前提にした交渉へと切り替えました。
 そうすると男性は、訴訟を起こされることを嫌ったのか、これまで虚勢を張っていたのか、急に態度を軟化させて自ら和解案を出し、200万円の慰謝料を依頼者に支払うことで決着しました。
 この案件では、予想外の反撃にあったため、証拠がいつも以上に重要な決め手になりました。
 訴訟を起こさない場合でも、動かない物的証拠は話し合いを進める上で最大の武器になります。訴訟を起こす際には、なおさらです。
 もし、あなたの大事な人があなたを裏切っていると感じたら、必ず証拠を取りましょう。どういった結末を迎えるにせよ、事実の証明があなたを守り、正当な結果をもたらすでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fortunejapan.blog74.fc2.com/tb.php/4-75dcd545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。