広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親になりきれない男性

 浮気動かぬ証拠を突きつけられた男性はどんな反応を見せると思いますか? 

 断固として浮気を認めない、平謝りするなどいろいろな反応があるとは思いますが、次のような反応を見せた男性もいます。

 Y子さんは結婚7年目。2人の小さな子どもを夫であるAさんとの間にもうけ、はた目にはとても幸せな家族に見えました。
 しかし、Aさんの帰りが週に2,3度は普段より3時間ほど遅れ、時には午前様になることもありました。Y子さんがAさんを問いただしてものらりくらりと話をそらすありさま。このため、Y子さんは心配を募らせて当社にAさんの行動調査を依頼されました。

 調査開始初日は特段変わった動きもなく、Aさんは退勤後まっすぐに帰宅されました。

 そしてか調査2日目。Aさんは午後8時過ぎに職場を自転車で後にすると勤務先の隣りのパチンコ店の駐車場へと入っていき、そこで女性と合流しました。 Aさんと女性は自転車をその場に残して女性の車で移動を始め、コンビニエンスストアで買い物をした後、人気のない海岸へと向かいました。
 コンビニエンスストアで2人が一緒に買い物をしている映像が撮影できたものの、それは不貞の証拠にはなりません。その後向かった海岸は全く人気がなく、またAさんたちが街灯の先の暗がりにこちらへ向けた形で車両を停めていたため、調査員は車両に近付くことができず、不貞を立証できるほどの確固とした証拠映像の撮影をすることができませんでした。
 調査3日目、この日もAさんと女性はパチンコ店の駐車場で合流すると、そこから程近い工場地帯の路地へと向かいました。そして街灯もなく真っ暗なその路地に車両を停車しました。
 辺りには全く人気もなく、暗闇にAさんたちが乗る車両がぽつんと駐車されてあるだけです。しばらくしてもAさんたちが車両から降りる様子はなく、車内灯が点灯する様子も見られませんでした。
 ここは是が非でも、2人の状況を確認する必要があります。調査車両でAさんたちに近づくことはあまりにも目立ち過ぎてできないため、調査員は無舗装の砂利道を足音をひそめ、暗視カメラを携えてAさんたちへと接近しました。
 果たして、Aさんたちは車内で不貞行為に及んでいたのでした。
 そして、その様子は証拠として暗闇に紛れた調査員によりしっかりと撮影されたのです。こうして、証拠となる映像の撮影に成功したのでした。

※この撮影は盗撮にあたるのではないかと拒否反応を起こす人もいると思いますのでご説明いたします。
 最初に、車の中が「住居に順じたプライバシ-のある」空間と一般的に認められていません。よって、車内における性行為は外で行う性行為と変わらず、公然猥褻猥褻物陳列罪同頒布罪に問われます。これが不貞の場合はそれこそ民法に反する違法行為ですから尚更です。また、これを撮影する行為についても、車内にプライパシー保護は適用されず、街中を撮影していたと同列に語られるもので、何ら問題ないと考えております。(撮影した映像を頒布した場合などは問題外です)
 裁判所でこういった映像が不貞行為を立証する証拠として採用されている事から違法性が無い事がお分かりいただけると思います。


 話は戻ります…。


 Y子さんに結果を報告したところ、非常に大きなショックを受けておられましたがお子さまのこともある為、Aさんと離婚する意志はなく、Aさんと女性が別れることを希望されました。このため、法定代理人を介してその女性へ慰謝料請求およびAさんとの決別を要求したところ、女性も驚いてAさんへ相談したのでしょう、Aさんがすごい剣幕でY子さんを問い詰めたのです。
 浮気をした自分を省みる様子はAさんになく、あくまでも、調査を依頼し、相手女性に慰謝料を請求したY子さんが何よりも悪いというのがAさんの言い分でした。あきれて物も言えませんが、結局見かねたAさんの両親が間に入り、調査費用や代理人費用などこの件にかかった費用の立て替え、そして相手の女性にはAさんと別れること、もしまた連絡を取り合った際にはその時に慰謝料を支払うことを誓約させ、正式文書に残しました。
 結果、Aさんは渋々ながらY子さんとお子さまたちとの暮らしに戻りました。
 Y子さんは浮気が発覚した際にAさんが自分の非を認め、女性とは別れるからやり直そうと謝ってくるものと思っていたものと思いますし、私たちもこれまでの経験から、まずそうなるであろうと思っていました。
 実は、女性が浮気をした場合は既に伴侶から浮気相手へと気持ちが移ってしまっており、こういった態度に出るケースもままあるのですが、逆に男性の場合はあくまでも火遊びであり、自分の行為を反省して元の鞘へと戻るケースが多いのです。
 このケースの場合、Aさんの気持ちが既に相手の女性の方へ傾いてしまっていたことが素因としてあげられるでしょうが、最近の浮気調査では、こういう反応を見せる男性が増えているのも事実です。
 このごろは簡単に離婚へ走るという困った傾向が強くなっているようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fortunejapan.blog74.fc2.com/tb.php/29-386622c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。