広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不倫の代償

 今回は、不倫の代償とでもいいましょうか、不倫にまつわるリスクについてお話します。

 もし夫が浮気をしてそのことが妻に発覚した場合、妻は夫の浮気相手である女性に損害賠償請求をする権利があります。
 このことは一般的にはよく知られていますが、実際にその相手女性に対して、どのくらいの金額が請求できるかは意外に知られていません。
 もちろん、夫の浮気が原因で夫婦関係が破綻し離婚にまで進展してしまった場合と、夫とは離婚にはならなかったが、『相手の女性は絶対に許せない』と、相手女性にだけ損害賠償請求する場合では、当然金額にができてしまいます。また、夫婦の婚姻年数によっても金額に差が生じてきますので、実質的なキャリアで違ったものになってしまうのです。

 私は、依頼者の何百例という訴訟交渉を目の当たりに見てきましたので、門前の小僧とでもいう私には『慰謝料や賠償金』の実際の決定金額(相場金額)が必然的に頭に入ってしまいました。
 そんな私に依頼者からは、『相手からいくら取れますか』という質問がよく出ます。
 一般的に離婚に至ったケースで相手方に請求できる金額は、100万円から高くても300万円というのが広島における相場のようです(もちろん単に請求するだけなら500万円でも1,000万円でも請求できますが、高額な印紙代が増えるだけということになります)

 また、夫とは離婚しないが、相手女性からは賠償金を取りたい場合は、50万円から200万円が広島での相場の金額で、実質的な平均金額は100万円くらいというところでしょう(大都市圏での離婚・不貞訴訟の金額は50万円~100万円くらい広島より相場が高くなるようですから、訴訟するなら東京や大阪の方が得のようです)

 少し話がそれましたが本題に戻りましょう。

 
 いざ離婚となってしまったとき不貞が原因の場合、慰謝料を夫に請求し、更に浮気相手に損害賠償請求を行うことができますが、この場合仮に夫から300万円の慰謝料を取得したなら、相手女性にも300万円とはなりません。
 このケースでは、相手方は減額されてしまうことが多く、100万円くらいになるのが相場のようです。
 逆に夫の金銭的支払い能力が低い場合、相手女性に対して夫の慰謝料額を上乗せして請求することがあります。最高額は300万円くらいで、実質額では200万円くらいというところでしょうか。 

 離婚に至ったケースでよく混同されているのが、慰謝料財産分与は別物だということです。
 通常は、結婚後に築いた夫婦の財産を折半することになります。ですから、『あなたが浮気をしたのだから、財産は私が多くもらう』とはなりません。
 もちろん、夫が『俺にすべての責任があるから、家や貯金はすべてお前に譲る』とくれば別ですが、そんな男性にはめったにお目にかからないので、あまり期待しない方がいいでしょう。
 いずれにせよ、不倫の代償としては、100万円単位の高額な支払金を覚悟しなければなりません。本気なら良いということではありませんが、遊びなら高い代償となることを肝に銘じておきましょう。

 相手の甘い言葉や嘘に乗せられて、ついつい深みにはまっただけであっても、相手の妻や夫、その家族までに多大な精神的苦痛を強いることになるのですから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fortunejapan.blog74.fc2.com/tb.php/27-d493bcf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。