広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《尾行》という仕事の本当のところ

 ご想像通り、調査員の仕事といえば、そのほとんどが尾行です。

 対象者を追って街の電柱などに隠れつつ、トレンチコートを着た刑事や探偵が追っかける… そのイメージはテレビドラマでおなじみですね。

 でもそれはあくまでもテレビでのお話です。

実際のところはというと…


 まず我々調査員の尾行はTPO(時間帯や場所、対象者の年齢や行き先)に応じて周りの雰囲気に溶け込むようにしていますから、トレンチコートに帽子なんて格好はありえません。
 それに実際の尾行調査とは、実はほとんどが尾行開始までの待ち時間(スタンバイ時間)であり、それはそれは気の遠くなるような時間をかけて、「その一瞬」を撮影するために、「じっとしている」作業なのです。
 その作業がどんなに大変か、実例を挙げてみましょう。

 保険金詐欺の疑いのある対象者が、事故により動かなくなったはずの両手に《誰にも見られていない》とばかりにクワやバケツを持ち、まったく支障なく農作業をしている映像を撮ったときは、対象者の家の裏庭が見渡せる山中に潜み、対象者が出てくるまで薮蚊と戦いながら一昼夜を過ごしました。
 また、浮気調査では、対象者がラブホテルなどに「入る」ところと、「出る」ところの証拠映像を撮るため、カメラを構えたまま、その瞬間まで10時間待ったこともあります。車内から映像を撮る場合には、エンジンをかけたままでいることは出来ませんから、冬は零下、夏は40度以上の車内でひたすら待ちつづけることもよくあることです。
 そして調査員にとって一番辛いのは、対象者が自宅から出てくるのを待って尾行を開始するという段取りになっているのに、その対象者が終日外に出ないという展開です。
 早朝6時からスタンバイしているのに、夕方を過ぎても一向に出る気配が無い…。
 そんなとき、調査員は
「自分に一瞬のスキがあって、依頼者が外に出るその瞬間を見逃しているのではないか」
「いやそんなはずは無い」
「そもそも、この中に対象者がいるのか」
などと自問自答の戦いを始めます。

 調査員でありながら《ああ神様!教えてください》と天を仰ぐことしばしばです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fortunejapan.blog74.fc2.com/tb.php/2-818fe20e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。