広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息抜きも度を過ぎると

 誰でも息抜きはしますよね。

 仕事の合間、家事の合間に手を休めて一息。

 今回は息抜き息抜きの域を超えてしまった事例を紹介します。

 ある企業の本社から広島にある同社営業所の実態を調べてくれとの依頼が入り、それから数日後、同営業所で同社社員の勤務状況を確認すべく、約2週間にわたる早朝からの監視を開始しました。
 結果、社員は皆、毎日朝8時には出勤して勤務についており、一見問題ないように思えましたが、営業所の責任者である所長に問題点が多々発見されました。

 同社は外部での請け負い工事の業務が主であり、事務所内には全社員の1週間分の行動予定が掲示されているのですが、所長の欄には休日と別の日にA市へ出向の表記があるのみで、ほか数日分の欄は空白となっていました。
 
 ある日の調査でも、調査開始から所長の姿は確認されず、夕方6時ころにようやく所長が同営業所へと帰ってくる様子が確認されました。
 依頼先である企業本社と契約した調査開始時刻は朝7時であり、さらに万全を期すため、当社の判断で6時30分から調査を開始していたのですが、どうも所長はこれよりもさらに早い時刻に営業所へ出社。その後すぐに外出していたようです。

 この結果を受けて、翌日より調査の開始時刻をさらに早めて所長の自宅および営業所の2ヶ所で監視を行い、所長の行動を調査することにしました。
 調査数日目、所長は朝6時過ぎに自宅マンションを出ると、前日に自宅に乗って帰っていた社用車で営業所に向かい、営業所でほかの社員と合流して郊外のA市へ向かいました。そして工事現場で社員を降ろすと一人営業所へ帰社し、その後再び社用車を借りて帰宅しました。
 翌日も、作業服姿で朝6時過ぎに自宅を出た所長は、社用車で営業所へ向かうとほかの社用車に乗り換えてすぐに営業所を後にし、程近いコンビニエンスストアに立ち寄って買い物を済ませ、そのまま社用車で帰宅しました。
 夕方に再び自宅から今朝と同じ作業服で現れた所長は、駐車していた社用車で再び営業所へ向かい、事務所内で十数分過ごした後、また社用車で自宅へと戻り、同居していると思わしき女性(会社には独身であると申告していました)とともに食事に出かけました。
 行動予定表によると、その日の所長はA市で仕事をしているはずですが、実際には早朝と夕方、事務所に顔を出しただけの状態でした。
 その後調査も終了し、依頼元の本社へは今回の結果を詳細なビデオ映像を添えて報告しました。その結果、所長は解雇という厳しい処分を受けました。
 その後、その営業所は所長の後任に抜てきされた30代の新所長の働きもあり、みるみる業績を伸ばして職場の活気も見違えるほどとなり、1年後には2名の人員増と2台の増車をしたそうです。

 後日、その企業から新たな調査依頼を請けて、お話をする機会があったのですが、その際に副社長が
「保利さん、《企業は人》だということは、常々分かっているつもりだったが、今回改めて思い知らされましたよ」
と語っておられたのが、とても印象に残りました。

 息抜きはあくまでも労働の合間のささやかな休息です。
 息抜きが度を過ぎると、息抜きが必要でなくなってしまうかもしれません…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fortunejapan.blog74.fc2.com/tb.php/11-08d39e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。