広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探偵選びの必須ポイント

 今回は「調査」がどうしても必要になった時に、本当に良心的な探偵社を選び出す為の必須ポイントをご紹介しましょう。

◎電話帳やインターネットで探偵を選ぶ時のポイント

①電話応対が横柄だったり、言葉遣いが悪かったりする会社は当然除外します。
 但し、「感じが良かった」というだけで決めてしまわない事。電話で応対が良いのは至極当たり前の事だからです。

②相談時間がどれだけ長くなっても無料かどうか。
 また、面談の予約をする段階で「面談の後、一旦帰宅して親兄弟(若しくは知人)と検討した上で調査依頼の是非を決めたいと思っていますので、その場では契約せず、とりあえず相談だけとなりますが、宜しいでしょうか?」等、強引に契約を迫られる事のないように牽制しておきましょう。
 これは、相談時間が一時間を超えると料金が発生したり、「依頼が決定されたと思ったから長時間のご相談も黙って聞いていた。」などと、とんでもない事を言い出す悪質な業者が中にはいるからです。

③その探偵社のオフィスで面談を受けたいと伝えましょう。
 電話帳にいくつも電話番号を記載している探偵社が多くありますが、実はこれらの多くは実体のない転送電話である事が多いのです。電話番号だけで住所が記載されていないところに電話をかけた際に、面談はその電話のある事務所ではなく、喫茶店などといった外部で会おうと言われた場合は要注意です。
 あなたの掛けた電話は転送されて他の場所で受けていた可能性が高いのですから。あと、調査後に受け取る調査報告書のサンプルはもちろん、証拠映像などのサンプルをTV画面等で実際に確認する事が出来る為、面談は事務所で受けた方が良いでしょう。

④最初の相談電話では不必要に自分の情報を提示しないようにしましょう。
 「東区の○○です。」程度で充分です。もし、あなたのお名前が珍しい姓であれば、偽名を名乗る事も仕方ありません。

 以上のポイントに気をつけて三社ほどを選び出し、事前に訪問日時を指定して面談の予約をとりましょう。

 これからが大事な探偵社を決定する時のポイントです。
スポンサーサイト
【“探偵選びの必須ポイント”の続きを読む】

閑話休題

 実は当社では月刊WENDYで長年に渡ってコラムの連載をしているのですが、その読者の方から次のような質問を受ける事が多々あります。

探偵に依頼すると、初めは安い料金で契約したはずなのに、最終的にはもの凄く高額な支払額になってしまう』という話は本当なのでしょうか
探偵社にいろいろと相談をした友人は、調査依頼に関して決心がつかなかったので保留したいと言ったところ『もう、依頼されたという前提で相談に時間を費やしたため、キャンセル料が発生します』と脅かされたそうです。そういうことは一部の会社だけの話でしょうか
以前、ある探偵社で主人の浮気調査をお願いしたのですが、結果について『奥さんの心配されるようなことは、今回は何もありませんでした。それでも心配ならば別途で長期間の調査を実施されることをお勧めします』と電話で言われただけで、報告書のようなものは一切もらえませんでした。何もなかった場合、そのことを証明する報告書などは提出しないのが一般的なのでしょうか
など。

 本当に必要に迫られて調査を依頼したのに、不本意な調査結果となった過去を持ち、いまだに胸にわだかまりを抱いている方や、「もう調査依頼はこりごりです」と怒りの感情を吐露される方なども多く、当社の依頼者ではないにせよ、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
 私たちの探偵業界が一般的に「胡散臭い」「騙されて高額な料金をとられる」などと悪いイメージを内包した業界であることは否定しません。本当に必要に迫られて調査依頼を考えておられる方も世の中には大勢いらっしゃるのですが、安心して依頼できる探偵を見つけることが実はとても大変なことなのです。

【“閑話休題”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。