広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮気調査のその後

 私たち探偵は、依頼者から調査を依頼されるに当たっては、まず『なぜ調査が必要なのか?』その依頼者の立場や状況を確認します。
 調査には必ず目的がありますから、例えば、夫に対する浮気調査の場合、分かりやすく言えば
1.浮気癖のある夫に対して、浮気に気付いて夫に事実を問い詰めても『証拠でもあるのか』と開き直られてしまうので、証拠を取ってギャフンと言わせたい!
(ただし、このケースでは証拠をつかみ『ほら、やっぱり浮気していたでしょう!』と夫を成敗・糾弾することが目的になるので、妻の方から離婚要求が出されるケースは、ほとんどありません)
2.帰宅時間がやたらと遅いとか、家族と過ごす時間が激減してきたとか、女性の第六感(男性の第六感は、ハズレることが多いのですが、女性のそれは本当に良く当たります)がひらめいて浮気をしているのではという不安が高まり自分1人ではどうにも解決できないと、ノイローゼ1歩手前で当社に相談をされる場合
(このケースでの調査は、まず事実を明らかにすることが、第1番目の目的となります)。
 
 ですからこの2のケースでは、まず『事実確認』を行い、結果として不貞行為が確認されたときは、次の段階として妻として取る方法は主に次のようなケースに大別できます。

スポンサーサイト
【“浮気調査のその後”の続きを読む】

父親になりきれない男性

 浮気動かぬ証拠を突きつけられた男性はどんな反応を見せると思いますか? 

 断固として浮気を認めない、平謝りするなどいろいろな反応があるとは思いますが、次のような反応を見せた男性もいます。

 Y子さんは結婚7年目。2人の小さな子どもを夫であるAさんとの間にもうけ、はた目にはとても幸せな家族に見えました。
 しかし、Aさんの帰りが週に2,3度は普段より3時間ほど遅れ、時には午前様になることもありました。Y子さんがAさんを問いただしてものらりくらりと話をそらすありさま。このため、Y子さんは心配を募らせて当社にAさんの行動調査を依頼されました。
【“父親になりきれない男性”の続きを読む】

家出

行方を探してほしい」という相談が、ここ2~3年急増しています。

 その理由を大別すると
1.学校(主として高校生)が嫌になって家出をしてしまい、行方が分からなくなっているケース
2.借金がらみで行方をくらましてしまった親族のため、残された家族が債権者から責めたてられて困惑しているというケース。
もしくは貸した相手が行方不明になって、貸主が途方にくれているケースに分けられます。

 もちろん、「音信が途絶えた友人や昔の恋人の消息を知りたい」「離婚で離れ離れになった子どもの成長ぶりが知りたい」など昔と変わらない調査依頼もあります。そして、このような調査は情報がしっかりしており、丹念に追跡すればほとんどのケースで所在が明らかになります。
 一方で、1と2のケースでは、自らの行方を知られないように完全に消息を絶っているわけですから、行方を突き止めるのは容易ではありません。発見率は2~3割あれば良いほうでしょう。

 今日の日記ではこの行方捜しという調査の中から『家出』のケースをご紹介しようと思います。

【“家出”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。