広島の総合探偵社フォーチュンJAPAN 探偵ブログ

広島の総合探偵社フォーチュンJAPANで活躍する現役探偵のブログです。 普段余り知られることのない探偵の日常や調査について、また日常生活で役立つ探偵マメ知識などをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗だくの調査現場 その1

 探偵についてまわるイメージの悪い方を挙げると
恐い人
とんでもない高額料金を吹っかけられる
詐欺師
などさまざまなものがありますが、最近は探偵物のテレビドラマ・アニメ人気の影響でしょうか、「私も探偵になってみたい」という方が多くなりました。

 確かに古くは『探偵物語』で松田優作扮するカリスマ的探偵が登場するなど、探偵のイメージは現実の世界からは想像もつかないくらい格好良くシリアスで知的な世界がつくられてきました。

 今回は、そんな世界とは無縁の汗だくの調査現場の話をしましょう。
スポンサーサイト
【“汗だくの調査現場 その1”の続きを読む】

息抜きも度を過ぎると

 誰でも息抜きはしますよね。

 仕事の合間、家事の合間に手を休めて一息。

 今回は息抜き息抜きの域を超えてしまった事例を紹介します。

 ある企業の本社から広島にある同社営業所の実態を調べてくれとの依頼が入り、それから数日後、同営業所で同社社員の勤務状況を確認すべく、約2週間にわたる早朝からの監視を開始しました。
 結果、社員は皆、毎日朝8時には出勤して勤務についており、一見問題ないように思えましたが、営業所の責任者である所長に問題点が多々発見されました。
【“息抜きも度を過ぎると”の続きを読む】

企業への嫌がらせ

 今回も前回に引き続き、嫌がらせストーカー被害の過去の実例をお話します。
 嫌がらせの対象は個人に限ったものではなく、企業もその被害の対象となる事案が増加しています。

 今回お話するその内容は、横領事案嫌がらせ事案が複雑に絡み合ったものでした。
 約6年前、親会社が大手企業のH総合企画会社に勤務する古参女性社員が会社のお金を流用していることが、同僚であり今回の嫌がらせ行為をしていると見られているQ氏に知られることとなりました。Q氏に命じられるままその女性社員はQ氏の関与していた架空請求先や、Q氏の部下への残業代などの水増し支給をさせられていたというのです。 一件当たりの金額はせいぜい3~5万円くらいまでで、不自然さを感じさせない巧妙な手口であったらしく、全く分からなかったらしいのです。
 発覚したのは偶然にもこの女性社員の横領が分かり、ついでQ氏の着服横領が初めて明るみに出たということでした。
 Q氏は相当に抵抗し、その手口の巧妙さゆえに解雇処分までに半年くらいが経過し、その間さまざまな会社内部の資料が持ち出され欠落・紛失していたというのです。
 そして解雇後、Q氏の会社に対する嫌がらせが始まりました。 【“企業への嫌がらせ”の続きを読む】

黒ずくめのストーカー

 ここ数年でにわかにストーカーという言葉が一般に浸透しましたが、どこか他人事、東京などの大都市で起こるものだと思っていませんか? 
 実はここ広島でもストーカー被害は多数発生しており、わが社にもストーカー案件調査が多々入ってきています。
 今回は、その中の一つをお話します。

 依頼者である本件の被害者は小さな居酒屋を切り盛りしている40代の女性でした。以後、その女性を被害者と呼称致します。
 被害者が店を閉めて出るのが大体深夜23時くらいで、次の日の朝10時くらいに仕込みのために店に出てみると、店の出入り口に残飯などがばらまかれ、出入り口扉にも汚物がなすりつけられていることが毎月3~4回繰り返し起きているとのことです。
 特に何かを壊すというのではなく、ひたすら悪臭の漂う物を扉に叩きつけてはまき散らしているというのです。いくら掃除をしても臭いはなかなかとれず、芳香剤などで紛らわさなければならないありさまです。
 被害者に犯人の心当たりは全くなく、店だけでなくいつ自分の身に直接危害が加えられるかと怯えきって、ついには私たちの会社に相談にお見えになりました。
【“黒ずくめのストーカー”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。